イシダイやコブダイも狙える「かぶせ釣り」の釣り方とタックル

アイナメ

「かぶせ釣り」とは、カキの養殖が盛んな地方で盛んにおこなわれており、防波堤からカキやカラス貝などをエサに、ウキもオモリもつけない超シンプルな仕掛けで魚を狙う釣り方です。

カキは採れる場所が限られますが、カラス貝ならどこでも入手できるので、私は主にカラス貝をエサにしたかぶせ釣りをよくやります。

カラス貝で狙える魚は、クロダイ、イシダイ、イシガキダイ、コブダイ、アイナメ、カワハギ、カサゴ・・などなど。

エサはスーパーで販売されているパナメイエビなどを使うと、また違った魚が釣れます。

カラス貝などは楽天市場でも入手できるので、自分で採れない方は通販で購入するのが簡単です。
かぶせ釣り用のエサ

かぶせ釣りの仕掛けと釣り方

まずは、仕掛けの参考例です。

リールはベイトリールでもかまいませんし、ハリやラインは狙う魚に応じたものを使います。

実にシンプルな仕掛けです。

カラス貝のハリの刺し方が肝です。

クロダイの落とし込み釣りとは違うハリの刺し方をします。

必ず貝用のナイフでカラス貝を開いて、中にある身にハリを刺すのです。

なので、貝用のナイフはマストアイテムで、これがないと釣りになりません。

楽天市場でいろいろなものが販売されていますので、お気に入りのモノを購入してください。
かぶせ釣りの貝を開く貝用のナイフ

かぶせ釣りに使うロッドいろいろ

かぶせ釣りではいろいろな魚が釣れるので、狙う魚に応じた竿を使う方が楽しいものです。

イシダイ、イシガキダイ、コブダイなどが釣れても負けないパワーが必要なら、以下のロットがお薦めです。

クロダイ、ヘダイ、アイナメ、カゴ、カワハギなどがメインでしたらヘチ竿がお薦めです。

私はヘチ釣り歴が長いので、次の竿がコスパ的にはおすすめです。

かぶせ釣り用のリール

リールもロッド同様に狙う対象によって違います。

通常は2500番ぐらいのスピニングリールでも良いのですが、コブダイ、イシダイなどが釣れる防波堤では、そうはいきません。

1 シマノ(SHIMANO) スピニングリール 汎用 アルテグラ 2021 C5000XG

秀逸なスピニングリールが多いシマノのスピニングリールの中でも、コスパに優れたNO1機種。

ハイエンドなステラに搭載されている機能をかなり入れてあるお薦めのリールです。

こちらのシマノ 19 セイハコウSP RC83 ゴールド もお薦めです。

さて、クロダイ、ヘダイやカワハギにはここまで高いスペックは要求されません。

私が長年愛用しているタイコリール バトルフィールド 黒鯛 BK90DRが断然おすすめです。

スピニングリール2500番は最も汎用性が高いさいずで、お気に入りのもの使われることをおすすめします。

高いからよく釣れるというわけではありません。

楽天市場での売れ筋を参考にしてください。

まとめ

かぶせ釣りにはまると、大型の魚が釣りたくなります。

防波堤からお手軽にこのサイズのイシダイが釣れるんです。

ですが、真夏~晩秋のエサ取りの多い時期に美味しい魚が比較的簡単に釣れるのもかぶせ釣りの魅力です。

このかぶせ釣りをマスターすれば身近な防波堤から想定外の大物を釣ることもできますので、是非チャレンジしてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました